Monthly Archives: 5月 2013

コウモリラン

mh_067

 

当店で一番迫力のあるものが、このコウモリラン。
なんと全長90㎝・・・・壁を覆ってまるでオブジェのようになっています。
正式名である〝ビカクシダ〟の「ビ」は、中国に古くから伝わる、
空想上の大きな鹿のような動物のこと。
その角に似ていることからこの名がつきました。
Continue reading

チランジア属

mh_060

 

チランジアは、中南米などの熱帯・亜熱帯地方に400種以上あると言われています。
大きさも数センチ~2メートル以上とさまざま。
土や根を必要としないものがほとんどで、原生地では樹の幹や岩などにくっつき
空気中の水分だけで育つため、エアープランツと呼ばれています。
Continue reading

レインボーファン

ぱっと見はなんの変哲もないこけのような植物なのですが、
よく見ると葉の色がとても繊細できれいなんです。
レインボーファンという名前からわかるように、
光の当たり方で葉色が紺色から蛍光色、
金属を思わせるような色にまで幾重にも変化します。
紺照鞍馬苔(コンテリクラマゴケ)という美しい和名が
またぴったりはまります。
明るめの日陰程度の日照でよく、寒さに強く育てやすいのも嬉しい。

ハオルシア・紫オブツーサのこと

mh_086s

「この丸いのも植物ですか?」とよく聞かれます。
こちらは多肉植物の中でも、数多くのハオルシアの一種。
多肉植物は陽光を好む種類が多いのですが、このハオルシアは
葉の先端を窓のように透かして光を取り込めるようになっているため、
弱光下でも生育可能なのです。
Continue reading

ネペンテスのご紹介

mh_035

店にやってきた火から訪れる人の視線を一身に集めるこの子。
ネペンテス、ウツボカズラと呼ばれるこの植物は、
その不可思議な見た目もさることながら、
はえなどの虫を養分にしてしまう食虫植物ということで
一層みなさまの関心をひいています。
Continue reading