ネペンテスのご紹介

mh_035

店にやってきた火から訪れる人の視線を一身に集めるこの子。
ネペンテス、ウツボカズラと呼ばれるこの植物は、
その不可思議な見た目もさることながら、
はえなどの虫を養分にしてしまう食虫植物ということで
一層みなさまの関心をひいています。
蜜の臭いで虫をおびき寄せ、壺の中の消化液で溶かし、
自らの養分にするという仕組み。
高温多湿を好むため、こまめな葉水や温湿度管理が必要で
育てるには手間がかかるものの、
ファンが多いのも納得な魅惑の植物です。